吉Gのキセキ・Part14

◆過去のメッセージを見る

第471回    #64   西村 基

こんにちは。2回生の裏番長こと西村基です。嘘です。

#65神尾からも紹介されたように、僕は何かと悪いキャラとしていじられることが多いです。そんなことはないのですが、、、

最近では#9新井さん、#17鈴木さんをはじめとして、上回生の間でも僕のことをクソヤロー扱いするイジリが流行になっています。
ただ、これらのイジリには事実とは異なるものが多く含まれますので、まだ僕のことをよくわかっていない一回生はくれぐれも誤った印象を持たないようお願い致します。


ところで、僕は身長が186cmあります。
今でこそ長身だといわれますが、実はずっと長身キャラだったわけではありません。

今回は僕の身長のことについて書かせてもらおうと思います。



小学校入学~小学校3年生
背の順で並ぶと後ろから5番目ぐらい。結構長身キャラ。


小学校4年生~中学校1年
自分より背の低かったはずの人達にどんどん抜かされ始め、違和感を感じ出す。
低学年の頃から身長を競っていた人に負け続ける。
背の順で並ぶとかろうじて後ろから数えた方が早いぐらい。


中学校2年~中学校3年夏
人生で初めて低身長キャラを経験。
身長を競っていた相手の眼中から外れる。
中学校3年春の身体測定では身長161cm。(中学3年生男子の平均身長約168cm)
背の順で並ぶと前から5番目以内にまでなりさがる。


中学校3年夏~高校1年春
待望の成長期到来。
高校入学までの半年で約10cm伸びる。
高1春の身体測定では170cm。


高校1年春~高校3年
驚異的な成長期が続く。
高1の一年間で7cm、高2の一年間で5cm伸びる。
膝の成長痛、オスグットとの戦いが続く。
体重増加の為にご飯をたくさん食べるが、栄養が全て身長の伸びに使われガリガリになる。
高校3年夏時点で182cm、70kg。
高身長キャラに定着する。
身長は一応止まる。


浪人期~現在
止まったはずの成長がいまだに続く。
一年間で2cmずつ伸びる。
自分の体に気持ち悪さを感じる。



このようにして僕の身長は現在に至っています。
高校で異常なほどの成長をしたので、中学時代の友達に久しぶりに会うとすごく驚かれますし、僕だとすぐに認識してもらえないこともよくあります。

こんな話をしていると低身長というコンプレックスと懸命に戦い続ける#65神尾にまた、

「中学時代は俺と変わらんかったくせに~」
「もう身長いらんやろ、俺にくれ~」

などとひがみを言われるのでこのあたりにしておこうと思います。


これからも親にもらったこの体に感謝しながら神尾を見下ろして行きたいと思います。笑


次は#75前田と2回生おバカダービーの1、2位を争う#63石川です。
いい加減な部分が多い彼ですので、更新を滞らせないようにだけ祈っておきましょう。



2017.5.1
第470回    #65   神尾 大成

#66宮脇からとりあえず人健と紹介されました神尾です。

とりあえずとか言わないでください。
僕は高2の夏から人健の理学療法学専攻志望です。

と言いつつも、最近
「神尾は人健ひけらかすくせにマッサージとかそういう系で還元率低い」
とダメ出し食らいました。

…はい、ちゃんと勉強します。


色々と好き放題言われる人健ですが、いいところです。
理学療法学専攻は、同期はもちろん、縦との繋がりも強くて、よく遊んでもらってます。

僕をみるとニヤニヤしながら、
「充実した大学生活送ってるな笑」
と煽って来る#3土居さんも理学療法学専攻です(僕は土居さんの方が充実してるのになと思ってます。)。

土居さんには、部活よりも、学部で遊んでいただいたりが多いです。楽しいです。



これ以上人健のこと言うとまた叩かれそうなのでこの辺にしときます笑

次は、一見堅実で真面目ですが、2回生の中で1番の悪い子で裏番長の#64西村基(もとい)です。



2017.4.29
第469回    #66   宮脇 崚

こんにちは。
ノリのよい#69木村に紹介されました#66宮脇です。
最近は#26下田さんを怒らせないギリギリのラインで煽れるよう頑張っています。


僕は高校時代野球部に所属しておらずバドミントン部に入ってました。
なのでそのことを少し書こうと思います。

まず始めにどうして大学で野球をやっているのかというと個人競技をやっている中で団体競技の楽しさを再発見したからです。
良いプレーや、勝利などの喜びを共有できると何倍も楽しくなります。

バドミントン部に入って衝撃的だったのは試合に出る選手の決め方です。
部内戦という部員の総当たり戦の順位で決めていました。
かなりシビアな空気になるので嫌いでした。


また女子バドミントン部にはかわいい人が多かったので暇なときには眺めていました。
たまに試合を申し込まれるので僕は積極的にやっていました。
非常に楽しかったです。


高校時代に野球をやっていない#45水口さんと一緒に革命を起こしたいと思っています。


次はとりあえず人健な#65神尾です



2017.4.25
第468回    #69   木村 友紀
こんにちは。

電話に出たものの


「卓馬か?」

「いや、違います」

「卓馬ちゃうんか??」

「あ、あの、すいません」


大変なご迷惑をお掛けしました。


山本くんのお父さん、ごめんなさい。

#71山本より紹介を受けました、#69木村です。


電話にでてみたのもそれは軽はずみなノリというもので、出たら面白いのではないかと。
しかしそうやって、ほんの少し好奇心を持って行動することで、1日が少しでも豊かになるのではないかと、僕の生きがいにしています。



さて、先日、実家のある名古屋で友人と遊んでいたときのことです。
昼食をとり終え、スタバでも行ってゆっくりしようかと。


しかしそのとき、スタバより先に僕は、メイド喫茶「めいどりーみん」に出会ってしまいます。
そしてこれは、自分のノリを高めていく良い機会ではないかと。
渋る友人と店の前で立往生していると、中のメイドさんが奥に手招きし、僕は入国の手続きをし(入国料500円を支払い)、夢の国に入ります。


国の中の様子をお伝えすると、平日の昼間だったこともあり、中年男性3人とメイドさん3人のマンツーマン体制です。


最初は少し雰囲気を味わって帰るつもりでした。
しかしメイド喫茶ではたくさんのイベントが起き、そのどれもが参加型なのです。

①キャッチャーミット程の大きさのオムライスを注文することにより、メイドさんとの記念撮影が許される。
   …絶対食べきれません。

②ドリンクを飲む際の魔法。
   …「おいしくなあれ、萌え萌え、、きゅん(手でハートマーク)」です。
これは強制です。


長くなるのでこのくらいにしておきます。


結果的には、スタバに行くよりずっと良い時間だったと、自信を深めることができました。
と同時に、異常な体のしんどさを感じ、たとえ反応よく動けたとしても、そこにはかなりの体力を必要とすることを痛感させられました。

やはり、ノリを高めることとそれを超える体力を身につけたいですね。



最近では、そのような人もこの野球部に増えてきています。

#63石川は、
「ドライブしたくね?きむ免許取ってくれたら余裕でいけるくね?」
と言ってくるので、僕が免許を取って運転を務める代わりに石川は僕が誘ったら必ず来る、という契約が結ばれました。

#49泉も、
元気になるサプリを飲み始め、体力の向上に努めています。


皆さん、「やってみたいことがあるけど一人じゃ…誰かいればなあ」というときは迷ったりせず、僕を誘って下さい。

ノリと体力を出来る限り高めて待っています。



次は、地道に続けてきた先輩への煽りが確実に評価され、チーム1の愛されキャラとなった#66宮脇です。


2017.4.21
第467回    #71   山本 卓馬

こんにちは!
最近麻雀を覚え、麻雀歴9年の僕よりも勝っている大変腹立たしい仲村から紹介をいただきました山本です。


仲村の紹介ように、僕のファッションセンスはどういうわけかチームメイトに低く評価されます。
僕としては他の部員に比べてそれほど劣っているとは思わないのですが、おそらく自分のキャラの影響でここまでの酷評を受けるのでしょう
部員の皆さんには一旦キャラを考慮せず公平な目線で評価していただければと思います。


よくいじられる僕ですがその中でどうしても改善してもらいたいものがあります。

それは#62横田のいじりです。彼のいじりは基本的にしょうもないです。
たっぴーは人間じゃないもん」などといういじりはもはやワケが分からずいじりにもなっていません。
ゆえによくスベってます。人をいじるのならせめて笑いはとってもらいたいものです。

#66宮脇もよく僕にちょっかいをかけてくるのですが基本暴力です
キツいトレーニングの後などによく跳び膝蹴りをしてきます。
このときばかりはさすがにイラッとします。家に帰ろうとすると関節技をかけてくることもあります。


他にもあるのですがこの辺にしておきます。まあいじられてるうちは仲良くしてもらってるわけなのでよしとしましょう。


次は僕のスマホにかかってきた電話に勝手に出たことがある#69木村です。


2017.4.1
第466回    #72   仲村 友介

どうもこんにちは。
いつも怪しい雰囲気を醸し出す家入から紹介されました仲村です。


僕はピッチャーなのですがどう考えてもピッチャーらしくないところが一つあります。
それは、使用しているグラブです。ええ、ピッチャー用ではありません、内野手用です、ショート用です。

なぜこのようなグラブを使っているかと言いますと、僕は内野手として高校の野球部に入ったのですが、途中でピッチャーに転向することになりました。
当時使用していた内野手用グラブはピッチャーでは使えないデザインだったため新しくグラブを買うことにしたのですが、ピッチャー用は内野手用よりもサイズが大きくしっくりこず、また、フィールディングもしにくいだろうという考えからあえて内野手用のグラブを購入することに決めたのです。

そのグラブを現在も使い続けているわけですが、他のピッチャーの方々は当然ピッチャー用を使用しているわけで、僕もピッチャー用に魅力を感じるようになり、購入を検討している次第です。

これで、グラブが小さいことを理由に藤原が僕を「ヘンタイ」扱いすることもなくなるでしょう。


藤原の名前が出てきたのでもう一つ言わせていただくと、彼は2週間前、「右ピッチャーでプレートの一塁側に立つ奴は俺に言わせたらみんなヘンタイ」と言っていました。
が、つい先日彼のブルペンでの様子を見てみるとなんとプレートの一塁側に立っていました。そのことについて尋ねると「しっくりきたわ」と。

「ヘンタイ」と化した彼のリーグ戦での活躍に期待しましょう。


次はファッションセンスに低評のある、自称常識人の#71山本です。


2017.3.31
第465回    #74   家入 大周

ど天然愛されキャラ前田の次はわたし家入です。
ドラえもんのようなゆっくりなしゃべり方ということでドラえもんタイムマシンについて書きたいと思います。



ドラえもんではのび太の勉強机の引き出しの中にありえない大きさの歪んだ空間があって、そのなかにタイムマシンは浮遊しています。
この時わたしが疑問に思ったのが乗り物だけでタイムマシンというのかあの空間も含めてタイムマシンというのかということです。


結局わたしは空間はさすがにマシンと呼べないというふうに思ってますが、そう思った時にあのスペシャル空間がなにかが分からなくなっています。
たまにはこんなどうでもいいことを考えるのも気分転換になります


さて、続いてはマウンド捌きがクールなセンス溢れるピッチャー#72仲村です。


2017.3.30
第464回    #75   前田亮太朗

快活な笑い声で数々の一般人に注意される中村海斗の後は、わたくし前田亮太朗です。


唯一の北海道出身ということでありきたりな地元ネタを書かせてもらいます。

北海道はなまら広いです。よく観光客は札幌からほかの主要観光都市に日帰りで行けると思ってしまっています。
甘いです。
我々北海道民にはそんな考えは通用しません。
例えば世界遺産でも有名な知床は札幌から車で8時間かかります。(笑) 
気の遠くなる旅路ですね。


ほかの特徴と言えば、やっぱり食べ物でしょう。
日本の食料貯蔵庫と言えるほど色んな食べ物があります、とれます。
とにかく美味しい!
皆さん、自炊のために食材を買うときに少しでも迷ったら、北海道産のものを買うことをおすすめします。無敵ですよ。


あとは自然でしょ。
日本の中で段違いに過ごしやすい気候です。
冬は雪が降るので寒いと思われがちですが、案外慣れます。家族のような、温かみのある寒さです。
それに比べて京都は人を寄せ付けない、冷酷な寒さなのでよっぽど京都のほうが生きづらいですね。

そして雄大な緑もあります。
ちなみに僕の高校は牧場の隣で、高1の時野生の鹿が勇ましく走っている姿を見かけました。
それほど、豊かなんです。


地元のはなしはこれくらいにして、もう春ですね。
新入生がやってくる時期です。
僕はリクルート班なので、この時期は何かと忙しいですが、リクルート活動を通じて京大硬式野球部を変えていければいいなと思います。


次はドラえもんのような話し方で東出昌大似??の#74家入大周です。


2017.3.25
第463回    #76   中村 海斗

こんにちは。
#76の中村です。

時が経つのは早いもので、もう大学生になってから1年近くが経っていると思うと恐ろしいものです。


今回この場を借りて解消したい#43の青倉との不仲説です。笑

彼とは高校、そして大学も同じでずっと一緒に野球をしていますが、何故かこの京大野球部の中では僕と青倉との不仲が囁かれています
確かに普段から一緒いる訳でもなく、めっちゃくちゃ会話をすることも少ないのでそのように思われがちですが、決してそういうわけではありません。笑

しかも何故か僕と青倉の関係が対等ではなく、上下関係があるとまで言われます。
僕は普通に接してるつもりなんですがなぜそのように思われているか教えて欲しいものです。


さて、チームは現在、春のリーグ戦にむけて日々練習に取り組んでいます。
目標である勝ち点3に向かって頑張りますので応援宜しくお願いします。


次は北海道から来た素朴な少年#75の前田です。
一回生のなかでもダントツの天然なのでとても面白いキセキを期待しましょう。


2017.03.16