京都大学硬式野球部・DB#?4
DB#??の叫び Part4
過去のページへ       マネージャー日記を見る       TOPページへ
DB#15天満誠司の叫び〜DB#??の叫びPart4はこれにて終了します。
第14回(最終回)
 どーもこんにちは!DB??、いやいやもう「元」DB??です!

 前回あと2回あると言いましたが、間違えました!!今回が最終回です!!
ちなみに今回は選手紹介から始めます!!
最終回らしいことは後半です♪

 まずは#23宗平君からいきます♪
宗平雅巳(2・立命館)
宗平君はどうやら恋人がいるようで、いつも幸せそうです。うらやましいです。しかし、付き合っていると色々大変な問題もあるようで、以前mixiの日記に彼女についての愚痴をこぼしていました。ちなみにその日記はすぐに削除されました。僕はその日記を見て激しいジェラシーに襲われました。そんな風に意外に(?)彼女との関係をチラつかせる宗平君の極めつけのチラつかせは、僕らが部内連絡に使用しているメーリングリストへの8月のある日の「4と11は確定」という謎のメールでした。誰もが「??」と思ったでしょう。しかしよくよく考えると8月のオフは4日と11日!!翌日問いただすと彼女に送るのと間違えて送ってしまったそうです。絶対ウソでしょ!!間違えようないやろ(笑)って感じでした。まぁ、末永くお幸せにって感じです!!
あれ野球については??って?もう不動の4番に成長した彼について僕なんかが書けることないです!!(笑)これからもガンガン打ってチームを引っ張って行って欲しいです!!

 次は#24小山君です!!
小山建人(2・長田)
小山くんは元々はあのギャングスターズに在籍していて今年の初めに電撃移籍してきました。アメフトをやっていたせいか、体はムキムキでパワフルな打撃をします。そしてその打撃は野球に使用されるに留まらず新歓、東大戦の芸でも大車輪の活躍を見せていました。もうすぐ3回生になることだし、そろそろムキムキのボディーを野球にのみ使用してもらいたいものです。ポテンシャルはおそらく物凄く高いので、内野、外野どこを守るにしても攻守ともに京大野球部を引っ張っていく選手に成長していってもらいたいです。
そんな小山君、僕は絶対モテると思うのですが、これといった話は浮ついた話はないようです。世の中にはマッチョ好きの女の子は結構多いとよく聞きます。そんな女の子には是非是非小山君へのアプローチをお勧めします!!想像以上のボディーに触れることが出来ると思いますよ〜〜(笑)

以上が2回生の紹介でした。
正直駆け足になってしまった感は否めませんが、この2回生なかなか高いポテンシャルを秘めた学年だと思いますし、僕はみんな大好きです!!来年、再来年とこの代が京大を引っ張っていくことを前監督の次に僕は期待しています!!(笑)
頑張ってください!!

さてここから最終回らしいことを書きます。


 10月14日をもって僕らの代の大学野球も幕を下ろしてしまいました。
現役中は「引退したら暇やろな〜」とかよく考えていたのですが、いざ引退すると意外に、っていうか普通に忙しいです。ちなみに今は内定先から与えられた山のような内定者研修をヒーヒー言いながらこなしています(笑)しかしよくよく考えると今まで学生らしいことは一切やってこなかった僕にとっては初めての学生らしい時間であり、意外に楽しんでいます。でもやっぱり英語は苦手です(笑)

 野球のことを振り返ると、思うことがあまりに多すぎて、それを一つ一つ文章にしていくときっと卒論並の長さになってしまうので、あえて短く表現してみようと思います。

 この4年間は本当に幸せな時間でした!!この環境を与えてくれた全てに感謝します!!
個性いっぱいで最高の同回生、色々お世話になった先輩、僕のしょーもない話にも付き合ってくれた後輩、色々指導してくれた監督コーチ陣、応援に来てくれたのにカッコいい姿を見せられなかった友達、そして本当に色々な面で僕を支えてくれた両親。本当にありがとうございました!!この4年間での自分自身の成長を次のステージで発揮できるように僕は精一杯頑張ります!!きっと日本社会、いやいや世界全体に大きな価値を産み出してみせます!!
以上!!元DB#15天満誠司の叫びでした!!

これからも京大野球部の応援よろしくお願いします!!
第13回
 どうもこんにちは〜DB??です。10月に入り世間では大学も始まったようで、キャンパス内には人がウヨウヨしています。あまりに人が多すぎるため、夏休み中のようにパジャマみたいな格好でグランドに向かうのは思わずためらわれてしまいます。ちなみに3回生の石川君はこの前今まで見たことのないギャル男みたいな格好でBOXに登場しました。格好良かったです。もちろん単位も揃い授業に行く必要のないウハウハな僕は毎日パジャマみたいな格好でグランドに向かい練習しています。
肝心の野球の話ですが僕らの大学野球生活いよいよ残るところ後1節:関大戦のみになってしまいました。前回に引き続きどうにも立命館が絶不調なので、最下位脱出の可能性はまだまだ残っていますし、何よりも勝って笑って終わりたい!!それに尽きます。

 さて前回書いたように、最近野球生活を振り返ることが多くなっているのですが、今回はその中から「感謝」というテーマについて書いてみたいと思います。まず感謝する主体は間違いなく僕自身です。では客体は一体何でしょうか?たくさんあると思います。監督(?)、コーチ、同期、先輩、後輩……その中でも僕が一番感謝しているのは「親」です。もちろん親への感謝を今さら初めて認識したわけではありませんが、本当に感謝しています。そんな僕が大学生活の中で親への感謝の気持ちが今までの何倍も深くなったことがあります。そのことについてちょっと触れてみたいと思います。
 あれは大学3回のクリスマスイブで、京都市では高校生駅伝が開催されていました。駅伝とかマラソンが好きな僕は京都に来てからは毎年観にいっており、その年も当然観に行きました。僕は百万遍という東大路通りと今出川通りがぶつかる辺りで一人また一人と物凄いスピードで駆けていく高校生を眺めていて、ふと気がつくと僕の横には「○○高校」とうのぼりを持った夫婦がいました。僕は「あ〜きっと子供が出てはるんやろなぁ〜」って思っていると、向こうからその高校の名前を書いたユニフォームを着た選手が別の高校の選手と競り合いながら走ってきました。特に何の気なしに眺めていたその時、その夫婦のお父さんの方が「頑張れ○○(名前)!!あと少しだ!!引き離せ!!」とメチャクチャ大きな声で叫び、お母さんの方が「頑張って○○!!」と半分泣いたような声で叫びました。そしてその声が耳に届いたのか走者である高校生は両親をほんの一瞬チラッとみて握りこぶしをグッと上げました。涙もろい僕はそんなドラマのワンシーンのようなやりとりにかなりうるっと来たのですが、同時に親が子をどれだけの思いで応援しているのかということが相当なレベルでわかりました。野球というスポーツはどうしてもプレー中観客と選手の物理的距離が大きくなってしまい、直接親の声援を耳にすることが出来ず、親に感謝してます!!っていってもリアルなものに触れていない以上、何かが欠けていたような気がします。今年も高校生駅伝は観にいこうと思います。
 最後の関大戦、両親が観戦に来るかどうかはまだわかりませんが、もし来てくれたらバシッとカッコイイ姿を見せられたらいいなぁと思う今日この頃です。なんとか勝利したシーンは見せることが出来たので、何としても「勝ち点」をゲットしたとこを見せてあげたいです♪今までの感謝の気持ちを形にして、つまり勝利という明確な形で両親に伝えたいと思います。みなさんも応援よろしくお願いします。

 ではでは今回も選手紹介行きます!!
 まずは#19シャブこと西本くんです。
西本 昌哉(2・西大和学園)
 みなさんはシャブと聞いて何を思い浮かべますか?真っ先にもの凄く悪いものを想像することかと思います。しかし、決して西本君はそのもの凄く悪いものと関係しているわけではありません。勘違いしないでください。そんな悪いものに手を出すわけがありません。西本君のお父さん、お母さんも勘違いしないでくださいね(笑)さて西本君は横投げの投手なのですが、この度メデたくリーグ戦でデビューしました♪緩急を自在に操るピッチングでリーグ戦の打者を手玉にとって、タイミングを狂わせまくっていました。あとはもう少し球威をつけ、より緩急を操れるようになれば前々代#18土屋さんのような投手になってくれるでしょう。頑張ってもらいたいものです。
 彼のプライベートなのですが僕は何も知りません。ただ彼は自分いわく「電電(工学部電気電子工学科)では一番イケてる。」らしいです。今時イケてるっていう表現もどうかと思いますが、そこまでイケてるんならきっとプライベートの春も近いでしょう。こっちのほうでも緩急をつけて相手を手玉に取ることを覚えてもらいたいものです。

 次は#21バンチこと幡地くんです。
幡地 央次(2・岡山城東)
 幡地君は「ハタジ」と読みます。では何故バンチと呼ばれるかというと、野球部の中のある一人がバンチと呼び続けるからです。ちなみに彼は僕らの一学年上の山下さんのことを一度「ノムラ」と呼んでいましたし、尾藤のことを一度「オザキ」と呼んでいました。どう読んでも「ハタジ」なので皆さんが間違えることはないと思うのですが、念のため言っておきます。彼は「ハタジ」です。そんなハタジくんは現在ファーストを守っています。高校では野球をやっていなかったらしく、入部当時はまだまだ動きが硬かったのですが、本当に努力していて今では新人戦ではスタメンに名を連ねるほどになりました。今年の新人戦、そして来年からのリーグ戦でもスタメンに名を連ね京大野球部を引張っていってくれるでしょう♪
そんなハタジくんのプライベートもこれまた謎です。彼は法学部で野球同様、非常にまじめに勉強にも取り組んでいるのですが、恋愛にもまじめに取り組んでいるのでしょうか。わかりません。ただ最近今までよりも大分オシャレしてBOXに来る用になっているハタジくん。これはきっと何かあるんだろうと思って2回生に聞いてみると練習後に北大路にあるジムに通っているそうです。な〜んだやっぱりまじめですね。野球頑張れハタジ!!

 次回は2回生紹介もいよいよ最終回、それと同時にこの叫び自体もあと2回になりました。次回は#23ミクシーの日記でのろけ話をする宗平くん。そして#24ギャングスターズからやってきたムキムキに小山くんです。お楽しみにしておいてください!!

 では失礼します!!絶対に絶対に関大から勝ち点をとってきます!!
第12回
こんにちはDB??です。
 関学戦は連敗してしまい、次こそは!の気持ちで望んだ近大戦、4−2の逆転勝ちで12季ぶり、年数で言えば6年ぶりに近大から勝ちました♪個人的には前回の立命戦での勝利には全くといっていいほど貢献できなかったのですが、今回はそこそこ貢献できたので素直にうれしかったですし派手なガッツポーズをかましてしまいました(笑)
 しかし、2回戦、3回戦と連敗してしまい、念願の勝ち点はゲットできず悔しい気持ちが残ってしまいました。何としても勝ち点をゲットして大学野球を終えたいです!!幸いにも(?)今回のリーグ戦では立命が絶不調なので勝ち点を一つでもとれれば「最下位脱出」も見えてくるんです!!だから何としても勝ちたい!!勝って笑って引退したいです!!

 さてもうすぐ引退を迎える今日この頃、僕は4年間の野球生活を振り返ることが自然と多くなっているのですが、その中で自分自身の大きな変化を感じとっています。それはズバリ「自分に自信をもてるようになった」ということです。1,2回生の頃は全くといっていいほど自分に自信を持つことができず、よくOBの伊藤さんに「自信を持て」と言わていた記憶があります。そのときは精神面の重要性などあまり考えておらず、「まず技術をつけないと」と盲目的になっていました。そんな僕は結局自信を持つようにはなれませんでした。そしていつの間にか3回生になり、初めて「自分に自信をもてないと自分の全ての力を発揮できない」という本当に当たり前のことに気付きました。そして迎えた4回生、とりあえず僕は就活をしていました。僕は大学で知識を身につけたわけでもなく、何の資格をとったわけでもなく、英語も出来ずTOEICなんて受けたこともありませんでした。しかし、何故か僕は面接では常に自信満々でした。今思うと不思議で仕方ありません(笑)そして満足のいく結果を残せました。そして僕は初めて気付きました。結果を残して得る自信はもちろん大事だけど、ムダに根拠のない自信でも持つと大きく変わるということに。そしてそれはきっと全てのことに共通していて、野球でもそうなんだと思いました。(よくよく考えるとこんなことは何回も伊藤さんが言ってましたけど、身をもって分かるのが遅かったですね…)
 そう思えるようになってリーグ戦中の気持ちの持ち方は明らかに変化しました。例えば2年前、同志社に勝利した試合、6回から投げるかもしれないと監督に言われたとき正直に「逆転されるかもしれないし嫌だな」と思いました。本当に情けない話です。(ってかこれ僕が誰だか完全にわかってしまいますね。でもまぁもういいっしょ!)しかし、この前立命に勝った試合では結局投げることは無かったのですが「投げたら抑えてみせる!!」という思いと根拠のない自信がありました。そして勝利した近大戦でも絶体絶命の8回裏も、リードした9回表も根拠決してない自信がありました。もちろんどんなに自信をもって、自分の力を出し切っても結果を残せないこともあると思います。そうなってしまうとそれは完全に自分の実力不足です。ただ実力不足で負けるのと、自分に自信をもてず力を出せずに負けるのでは大きく違うと思います。ちなみにここでは自分に自信を持つのも実力のうちという話は置いておきましょう(笑)

 とにかくあと2節何としてもチーム全員で勝ちにいって、最初に書いたとおり勝ち点をゲットして最下位脱出します!!


さて今回も2回生紹介行きます♪

まずは#12藤田君。
藤田 和也(2・兵庫)
 藤田君はこの春からショートのレギュラーに定着し、もはや完全に不動のショートになりました。決して足が速いわけではないのですが、速い一歩目による広い守備範囲で、強力なリストで伸びのある送球をします。安定感抜群です。ちなみにこの前の試合観戦に来ていた僕の父は「あのショートは相当いいぞ!!」と言っていました。父は野球の素人ですが…。まぁそんな話は置いといて、これからのリーグ戦、そして来年からの京大野球部を担っていくのは間違いなく藤田君でしょう!!期待しています♪
 そんな藤田君は漫画が大好きです。BOXでよく「ワンピース」という漫画の魅力について語っています。読書家の僕には是非是非漫画ばかりでなくたまには活字の方も読んで欲しいと常々思っています。ちなみに僕が読書家というのは本当の話です。肝心の女の子については、現在はこれといった話はないようなのですが、僕個人としては藤田君は愛嬌たっぷりの楽天:田中のマー君に似ていて母性本能をくすぐるモノがあると思うのでブレイクは間近かと思われます。ちなみに田中のマー君に似ているという話は誰も僕に同調してくれた人はいません。


次は#18水木君!!
水木 康介(2・北野)
 今や京大の顔といっても過言ではなくなった水木君。リーグ戦では投手にレフトにファーストにと大忙し。ただどのポジションもソツ無くこなしてしまうあたりは彼の類まれなセンスによるものでしょうね。思わず嫉妬してしまいます。今は野手兼任なのですが、来年からは投手専任になってビシッときめてくれるでしょう!!ただこの前近大戦での活躍についての新聞記事に「偏差値70を超える頭脳」と書いてあったのですが、それについては??と思わざるをえません(笑)せいぜい59というところでしょう。だって簡単な微分ができませんから!!京大生なのに!!(笑)
 そんな水木君は物凄くモテます。僕の女の子の友達も「水木君かっこいい〜〜♪」と言っていました。ここら辺も思わず嫉妬してしまいます。しかし、彼のストラークゾーンはものすっごく狭いようで、なかなか心が動かされる女のには出会っていないようです。ちなみに彼は男の人にも物凄くモテてよく食事に誘われています。そこらへんは嫉妬しません。もちろん彼にそのケはありません!!勘違いの無いようにお願いします!!

 さて次回は#19シャブこと西本君と#21バンチこと幡地君です♪
 それじゃあ失礼します!!明

日からの同志社戦で勝利を積み重ね勝ち点をゲットしてきます!!
第11回
 こんにちは!!DB??です。
今更ここで言うまでも無いのですが、9月2日に立命を破って久しぶりの勝利を味わいました!!どれくらい久しぶりかと言うと、僕らが2回生の秋以来、つまり2年ぶりです!!
あの時は僕らの回生は現主将の甲子郎君が中沢さんの守備固め(?)で出場しただけで、実質的に勝利に貢献したわけでもないのに関わらずメチャメチャ嬉しかったのですが、今回は自分達の代での勝利で本当に本当に最高の気分でした♪あと何回でも味わいたいです♪
 しかし、もちろん勝ったことは嬉しかったのですが、3戦目は負けてしまい勝ち点を取ることが出来なかったのはものすごく悔しいです。まだまだこれから残り4節あるので、なんとかして未知の領域、「勝ち点奪取」を実現できるように、そして悲願の「最下位脱出」を実現できるように、日々精進していきます!!応援よろしくお願いします!!

 さて前回前振りしておいた今回からの新企画は…
「2回生紹介」
です!!え?ありきたりって?まぁ許してください。2回生紹介は諸々の都合から一回に2人づつ紹介していきます♪諸々の都合は引退までの時間からの逆算と考えてもらって差し支えありません。あ、ちなみに今回は背番号順に紹介していきます!

じゃあ一人目は#4表大地君です。
表 大地(2・修道)
 まず第一に表君は非常に身体能力が高いです。肩はおそらくチーム内で1,2を争いますし、足も非常に速いです(しかし、代走では使われません)。そして野球センスも長けている、と思います。本人曰くある時期まで本気でプロ野球選手を目指していたそうです。いつの日にかその身体能力と野球センスがうまく融合して、素晴らしい選手になってチームを引っ張っていってもらいたいです。ただそのためには練習はもちろんのことメンタル面の強化が必須になってくるでしょう(笑)
 プライベートはよくわからないのですが、彼は絶対に他人に携帯電話を見せないので、まぁまぁ何かあるのでしょう。女子マネには「モテオ」と呼ばれています。ちなみに彼の名言は「次○○○するのは、○○○の時」です。○○○の中に何が入るのかは想像にお任せします…

 さくさくいきます!!
二人目は#8和泉君です。
和泉 暢仁(2・大教大池田)
 和泉君は積極的なバッティングを売りにしていて、センスフルな振りをブンブンかましています。ただ和泉君は現在怪我人でほとんど練習に参加できていません。残念ながら彼の強力な打撃力を僕らの代のチームには活かせそうにはありませんが、来年からは守備も徹底的に鍛えて、リーグ戦フル出場でクリーンナップを担う選手に育って欲しいです。期待してんで!!ノブ!!
 そんな和泉君、現在までのところ浮ついた話は全く聞いたことがありません。しかし、だからといって彼が純朴な野球少年であるわけではありません。勘違いのないように…(笑)
 あと和泉君はとにかく友達が多いです。食堂でも、キャンパス内でも彼はいつも誰かと挨拶を交わしています。彼と一緒にいる時にかわいい女の子が通りかかると大体彼の友達で彼はフレンドリーに会話しています。ただし、内容は僕が聞いた限り薄いです(笑)まぁもうすぐ春はやってくるでしょう♪

 どうでしょうか?2回生紹介?3回生紹介に比べると若干内容が薄いような気がしてなりませんが、それはきっと気のせいでしょう…
次回は#12藤田君、#18ゴ、いやいや水木君です!!

 それでは失礼します!!
次は関学に「2勝」して勝ち点をゲットしてきます!!!ご期待ください!!
第10回
 こんにちはDB??です。前回の更新はキャンプ出発直前でしたが、あれから僕たちは約一週間高知の猛烈な日差しのもとで朝から晩まで練習し、京都に帰ってきてからは七大学戦、全京都トーナメント、OP戦とゲームが続きました。そしてついに先日予定されていたOP戦の全てが終了し、あとはリーグ戦の開幕を待つばかりとなりました。もうプレス発表も終了したのでこの場で書いてしまうと、京大の初戦は9月1,2日に西京極球場で、春の王者立命館大学と行われます!!リーグ戦ではとにかく自分たちが今出来ることを全て行うことのみに集中し、その延長線上にある「守り勝つ」京大の野球をしていきますので、みなさん是非球場までお越しください!!ちなみに今回のリーグ戦は、西京極1節、皇子山球場1節、南港中央1節、スカイマークスタジアム2節であり、残念ながら西京極での試合は開幕節のみです。京都にお住まいのお方は是非開幕節にお越し下さい!!

 さてリーグ戦のことを書いてテンションが↑↑の状態で選手紹介に入りたいと思います!
 今回は#6石川君です。
 
石川 俊介(3・北野)
 石川君はセカンドを守っていて、この春からレギュラーとしてリーグ戦に出場するようになりました。その守備は軽快なフットワーク(決して足が速いわけではありません)から広い守備範囲を誇り、バッティングの方は追い込まれてもしぶとく喰らいついていくためよく四球をもらい、高い出塁率を誇っています。秋リーグの京大の浮沈は、彼にかかっていると言っても過言ではないでしょう。
 そんな石川君、実は僕(DB??)といるとろくな事がありません。昨年の冬、サーキットトレーニングで使ったボクシンググッズをつけ二人で軽くパンチ練習をしていると、僕の右ストレートが綺麗に石川君の顎を打ち抜き、彼は顎関節症になりました。そして更に今出川通りで彼の自転車と僕の原付が走行中接触し、彼の自転車は大破しました。奇跡的に二人とも怪我はしませんでした。ちなみにそのときの自転車の修理代を僕はまだ石川君に払っていません。早く払わないといけませんね。まだまだありますが、ここらへんにしときます。石川君には今度焼肉でも奢ります。

 さて長らく行ってきた3回生紹介も実は今回で最終回でした。
 来年からのチームを引っ張っていく3回生はいかがだったでしょうか?
 なかなか変な奴らが多くて、4回生としては大変なのですが(笑)かなりいい奴が多くて、「そらみんな彼女おるわ〜」て感じです。

 ちなみに中途半端な時期に終わってしまい、次回からの企画が全くたっておりません!!とりあえず次回までに考え、そして次回から行いますのでお楽しみにしておいてください♪

 それじゃ失礼します。開幕節で立命倒してきます!!!!
第9回
 こんにちは!僕達は一部を除きテストも終わり、OP戦の季節が始まっています。そして明日からはいよいよキャンプです!!僕達にとっては最後のキャンプなので、怪我だけはしないようにしながらハッスルしてきたいと思います!!合宿地は今年も例年通り高知県宿毛市でお世話になります。宿毛は野球をするには最高の環境が整っていますし、何よりも市の職員の方からホテルの方、そしてグランド関係者の方にいたるまで皆さん本当に優しくて最高のキャンプ地です。ちなみに春は社会人の強豪日本生命や、関学もキャンプを張っているそうです。ですが、一つだけ、ほんの一つだけ難点があります!それは「行くのに時間がかかりすぎる」ことです。ちなみに言っておきますが決して距離的に遠いわけではありません。ざっと行程を説明しますと、まず南港か六甲アイランドでフェリーに乗船し、松山に向かいます。この間大体9時間くらいです。そして松山からバスに乗り込み4時間半かけて宿毛市に向かいます。結局全工程で大体15時間くらいかかっちゃいます(笑)15時間もあればハワイでも行けちゃいますね。ちなみに宿毛市の方がおっしゃっていたのですが、宿毛市は日本中で東京から一番時間がかかる街だそうです。う〜ん納得です。まぁ例えどれだけ時間がかかろうとも最高のキャンプ地であることには間違いないのでこれからも末永くお世話になっていきたいです!宿毛市の皆さん今年もよろしくお願いします!!

 さて選手紹介いきます!
 今回は前回まさかのまさかで飛ばしてしまった#11綛谷君です。ちなみに今変換で「綛谷」と出てきてビックリしました。今回は「カセ谷」で行く気マンマンでしたから(笑)

綛谷 高広(3・郡山)
 綛谷君は京大野球部では「ペドロ」と呼ばれていて投手をしています。どんな選手かというと一言で言うと「グニャグニャ」です。彼は信じられないくらい体が柔らかいのです。当然そのフォームも体の柔らかさを全面に押し出した感じです。僕には本当にうらやましいです。ピッチングの方は「いい感じの」ストレートを操ります。ちなみに以前、但馬が一回生の頃「綛谷このストレートちゃんとコントロールできたら絶対リーグ戦でも通用するわ〜」とつぶやいていたのですが、彼は一回生にして一体何を根拠にそういったのでしょうか。謎が一杯です。しかしそんな綛谷君、現在はどうやら手首を傷めてしまったようで残念ながら故障者リスト入りしています。早く復帰して投手陣に活気を与えてもらいたいものです。
 さてプライベートの方ですが、彼は最近まである大きな不安を抱えていましたがどうやら最近解消されたようで「スッキリ」した顔をしています。何の不安かというとなかなか難しいのですが、僕も味わったことがあります。あれは洒落ならないっす。しかも綛谷君の場合は……ここらでやめときます。要するに彼のプライベートは本当に充実していてうらやましい限りです。彼に限らず3回生投手陣はずっとフィーバーしていて、4回生投手の尾藤君と天満君がねたましそうにしています。そしていつも心配そうにしています。早く4回生にもいい目を見させて欲しいものですね。

さて次回は#6石川君です。彼はちょっぴりお茶目で、最近は体のある部分の毛が誰かさん達に燃やされてしまったらしいです。そんな石川君を紹介します。

それじゃぁ合宿頑張ってきます!!
 こんにちは!DB?です!
 空梅雨かと思いきやここ数日毎日雨が降り続いていますね〜。気持ちは沈みがちになるし、洗濯物は全く乾かないし、何よりも全くグランドで練習できていません!あまりにも単調な体育館でのトレーニングが連日続いたため、ついに主将の口から「台風来たらビリーズブートキャンプやろうぜ」って言葉が飛び出しちゃいました(笑)まぁ僕的には賛成です。ブームには乗っていきたい性格ですので。ちなみにビリーの娘の名前はシェリーです。え?それがどうしたって?どうってことありませんよ…ほんとどうでもいいです!
さて先日僕達は東大球場に乗り込んで東大と定期戦を行ったのですが、4−3で勝ちました♪新人戦のOP戦を除くと久しぶりの勝利です。1回生に勝利の姿を見せられなかったのが少々残念ですが…そして前回チラッと触れた「夜の」東大戦!今年は残念ながら破れてしまいました。個人的に目を引いたのは、イケメン捕手2回生表君のパフォーマンスです。法律的な問題から内容には触れませんが、東大の監督、部長、京大の監督がほろ酔いのため笑う中、京大の部長の顔は全く笑っていなかったそうです。他には2回生小山君がアニキ金本ばりに大車輪となってチームを引っ張っていたのが印象的です。これからは野球でチーム引っ張っていってもらいたいです。

 それじゃあ選手紹介行きます!!
 今回は次期主将が濃厚とされる#10山田君です。

山田 荘介(3・郡山)
 山田君はファーストを守っているのですが、その守備力は安定感抜群です。特にハンドリングは美しいです。バッティングの方も非常にコンパクトなスイングをしていて、チャンスでの1本を思わず期待せずにはいられない選手です。リーグ戦でもしぶ〜いヒットをよく飛ばします。しかし現在、4回生堀口がファーストにコンバート気味なので、厳しいポジション争いが予想されますが、是非打ち勝って不動のファーストになってもらいたいものです。
 さてプライベートなのですが、正直彼はモテます。錯覚かもしれないのですが、常に彼女がいるような気がします。ちなみに当然今はいるらしいですが、遠距離(欧米)とのことらしいです。世の中の女性のみなさん!男気溢れる山田君をゲットするには今しかありませんよ!

次回は#6石川君です!!
って言いたいところですが、実はナチュラルに#11ペドロことカセ谷君を紹介するのを忘れていました。本人に言われて初めて気がつきました(笑)
ってことで、次回はカセ谷君です。ちなみに彼は最近何かにおびえていたようです。
第8回
 こんにちは!DB??です。
 更新がまたまた滞ってしまい本当に申し訳ありません。これからはツケを帰すというわけではないのですがどんどん更新して行きます!!
 さてリーグ戦が終わり一ヶ月ほどが経ちましたが、次の秋のリーグ戦まで練習が続くのですが、その前に毎年7月に神戸大学、東京大学と定期戦を行います。
 去年は両校に負けてしまったのですが、今年は勝ち癖をシッカリつけるためにも絶対勝できるように頑張ります。今年は神戸大学との試合は7月1日に京大吉田グランドで、東京大学との試合は7月7日の七夕の日に東京大学グランドで行います。都合が合えば是非ご観覧ください。
 ちなみに東京大学との定期戦は毎年昼に試合を行う(当然ですよね)のですが、夜にもまた別の意味でアツ〜い試合が行われます。当然野球の試合ではありません。一発芸です。野球と同じように1回から9回までそれぞれ表裏があり両校が芸を出し合います。基本的には下級生の重要な仕事です。正直下級生はこのためにわざわざ往復の新幹線代を払って東京まで行くといっても過言ではないです。一昨年、僕達の学年も東京で芸をしたのですが大変でした。考えても考えてもネタはでてこず、芸人って大変な仕事だなってつくづく思いました。下級生が芸をする中で、唯一ラッキーセブンの7回は両校のキャプテンが芸を披露するのですが、今年は甲子郎君がきっとうまいことやってくれるでしょう。今から下級生の「芸ミーティング」にも参加しており期待大です!!ちなみに去年は服部さんが………思い出さなかったことにします。

 それでは今回も選手紹介行きます♪
 今回は#14長原君です。

長原 秀祐(3・高岡)
 長原君は京大の貴重なサウスポーです。高校時代は1番センターで、県大会ベスト4まで行ったらしいですが、大学入学と同時に部内の非常〜に強い圧力から投手になりました。しかし最近は外野手への復帰が見込まれているようで、リーグ戦では代打で起用されるケースが目立っています。打撃センスの方は抜群で、ブランクを感じさせないスイングをしておりリーグ戦のここぞ、という場面での快打を期待させてくれます。ただ僕自身は長原君の、リーグ戦のバッターが空振りしたあと「遅すぎやろ(笑)」ってつぶやいちゃう位のゆる〜いボールを駆使して打ち取っていくピッチングが好きなので、投手としての起用を心待ちにしています。
 さてさて問題のプライベートですが、何と言えばいいのか、非常に表現するのが難しいです。情報が完全に筒抜けってのも怖いもんですよね〜。ん?何のことかって?僕みたいに口の軽い人間が情報を握ってしまうと長原くんに対して柔道技が炸裂してしまうってことです。え?ますます何のことかわからないって?これ以上は無理です。察してください。僕に柔道技が炸裂してしまいます。まぁとりあえず彼は充実したプライベートを送っているということです。うらやましいです。でも僕にあの状況は無理です。
次回は#10山田君です。抜群のリーダーシップを誇り、次期キャプテンと目されている彼について、ちょこっと書いてみたいと思います。
 ではでは失礼しま〜す。

第7回
 お久しぶりです。更新が大分滞ってしまって申し訳ありません。DB??です。
 さて4月に入り大学内には新入生が溢れ、あっちで新歓こっちで新歓と、とっても楽しそうな空気が充満しています。当然、硬式野球部も!!と言いたいところなのですが、ただ今リーグ戦真っ盛りなので、僕達にはあんなに楽しいイベントは現在計画にはありません。
 というかそもそも最初からうちの野球部には楽しいイベントはありません。あるのは新入生にとって過酷な……ここから先はあえて伏せておきます笑 少しでも硬式野球部に興味のある新入生は是非是非グランドまでお越しください!!
 さて今の僕達にとって一番大事な大事なリーグ戦ですが、現在2節を終了して4連敗と非常に悔しい結果に終わっています。しかし0−1の試合が2戦あるなど、確実に勝利に向かって戦えるだけの力は備わってきているのではないかと思っています。全員が本番で自分自身のやるべき仕事をキッチリこなせば確実に勝利に結びつくはずです。次は同志社戦なのですが、準備を怠らずゲームに備えて絶対に勝ちます!!

 それじゃあ恒例の(?)選手紹介いきます!

山下 真弘(3・ラサール)(個人紹介はもうしばらくお待ち下さい・・・)
 今回は#17山下君です。山下君はピッチャーなのですが、その中でも抜群の身体能力を誇っています。特に走らせると彼の右に出るものはいません。肝心のピッチングの方も身体能力の高さが伺えるフォームで、キレのあるボディーから繰り出される切れ味鋭い変化球は、リーグ戦でも強打者達のタイミングをうまく外しています。あとは直球のキレ、コントロールが備われば確実に「勝てる」投手に成長していってくれるでしょう!期待してんでマサ!!
 問題のプライベートは謎がいっぱいで、今彼に彼女がいるのかいないのか正確に把握している部員は同回生も含めてこの部には存在しません。ただ一度彼の住んでいるマンションに僕の友達が住んでいて、友達の家に行った帰りに彼の家を覗いていくと、スラリとした脚が見えました。コイツ!?と思ったのですがその時は言及せず、後日、本人に聞いたのですが「あの子は彼女じゃないっすよ〜」とのこと。一体なんやねん!!まぁ何にしても山下君はモテる!!これだけは覚えておいてください!!

 次回の選手紹介は#14長原君です。京大唯一のサウスポーの彼を徹底的に解剖してみたいと思います。

 それじゃあ失礼します。絶対に同志社を倒してみせます!!
第6回
 こんにちは!!DB??です。もうすぐ3月でいよいよOP戦も始まります。
 そして今年も宮古島キャンプの季節がやってきました。この寒〜い時期に宮古島の暖かさは最高です。どれくらい暖かいかと言うと、去年僕は宮古島で3月上旬にもかかわらず半袖短パンでガリガリ君を食べながら外を歩いていましたが、それが全く普通なレベルの暖かさです。そして宮古島には花粉が飛んでおらず、チーム内の花粉症患者達は皆早く行きたがっています。かくゆう僕もその患者の一人です。あるプロ野球の解説者が言うにはこの季節の沖縄は世界で一番野球には適した環境らしいので、そのような環境で野球漬けの日々を過ごすことによって少しでも上達して帰ってきます!!ぜひぜひ期待しといてください!!
 着々とキャンプが近づく中で、数人の就活組はキャンプの日程に選考がもろカブリのようで、残念ながらフルで参加するのは厳しいらしいです。今でも京都−東京間を何往復もしているようで本当に忙しそうなのですが、何とかしてリーグ戦開幕までには内定をゲットしてもらいたいものです。

 さてそれじゃあ今回の選手紹介は但馬君です。

但馬智之(2・膳所)
 但馬君はDBに代々出身者が多い滋賀の膳所高校からやってきました。野球に賭ける情熱は素晴らしく、2年前京大の合格発表の直後から練習に参加していました。合格発表後、遊びまくった僕とは大違いです。そんな但馬君は現在セカンドを守っているのですが、一冬を越えて守備の安定性が大幅にアップし、かつバッティングのパワーもつきました。このまま順調に成長していってリーグ戦で実力を発揮してもらいたいです。
 さて問題のプライベートについてなのですが、現在は特に浮ついた話はないようなのですが、昔は観覧……おっと但馬君からストップ命令がでました。まぁ要するに、とあるレディーと大阪市内の某観覧車にデートの一環で乗ったことがあるっていうことです。え?誰とかって?そんなこと恐ろしくて僕の口からは言えません……まぁ昔の話ですから。
但馬くんこれ位ならOKかな?

今回の選手紹介はややぐだぐだになってしまいましたが、次回の#17山下君ではビシッと決めたいと思います。何しろ彼は2回生一のイケメンですから、書くことは豊富にあります。期待しといてください。

それじゃあ、宮古島キャンプに行ってきます!!
第5回
 こんにちは!!DB?です。
 時間が経つのは早いもので、2007年もあっという間に2月に入ってしまいました。今年の冬は暖冬と言われていますが、実際毎日ビュンビュン寒風が吹き荒れるグランドに立っている僕らにはイマイチ実感できません。でも地球規模ではどうやら深刻な問題のようで、今世紀末頃の夏には南極の氷が解ける疑惑があるとかなんとか…みなさん、そんな恐ろしいことにならない様に日頃からアイドリングストップなど出来ることはコツコツやっていきましょう!!

 さてそれじゃ選手紹介いきます!!

森勇樹(2・西大和学園)
 森君は3回生にも森という選手がいるので、「モリユウ」と呼ばれています。ちなみに3回生の森は「モリキ」と呼ばれています。今回紹介する森君はスコアボード表示では「森勇」になり3回生の森は「森紀」と表示されます。みなさんお間違えのないように。
 森君は入部当初から2回生になる頃までは深刻な腰痛に悩まされていて満足にプレーできなかったのですが、現在ではその傷も大分癒えたようで毎日練習に精をだしています。そのプレーはセンスを匂わせるモノです。あとは体のキレをトレーニングで身につければ凄いキャッチャーになってくれる、そんな気がします。現在キャッチャーのレギュラーは主将の甲子郎君なのですが森君がその存在を脅かす存在になってくれるでしょう!!
 そんな森君のプライベートなのですが、本っ当に謎なんです。整った顔立ちで間違いなくもてるはずなんですが、それ系の噂は全く耳にしません。ある2回生曰く「森勇は絶対自分のそういう話はしない」そうですが、僕は何かあると睨んでいます。最近ビッグウェーブが押しかけている2回生なんで彼に何もないわけがない!そう思っています。まぁ追々ゆっくりと聞き出していきます。

 次回の選手紹介は勤勉な2回生の中でもとくに優秀な但馬君です。
 寡黙で不可思議な彼のベールを取って丸裸にしていきたいと思います。
 期待してください!!

 それでは失礼します。
第4回
 2007年も3週間が過ぎ、いよいよ本格的な真冬に突入しました。
 また同時に、今期もテストがそろそろ近づいてきて、野球部のBOXでもあちらこちらでテストの話が聞かれるようになってきました。
 さらに僕ら三回生にはそろそろ真剣に進路について考える時期がやってきました。
 ある者は早くも留年が決まり(そうで)、ある者は大学院に進むため院試、研究室についてあれこれ話し合い、またある者は就活のためあれこれと忙しく動き回っているようです。
 ちなみに僕は留年はしません。院に進むか就職するかは置いといて、とりあえずは4年できっちり大学を卒業します。

 さてさてそれじゃあ今回の選手紹介は吉田雅基君です。

吉田雅基(2・東大寺学園)
 吉田君は最近守備力の向上が素晴らしいらしく、外野ノックでも俊敏な動きを見せ落下地点まで素早く到達し、層の厚い外野陣のなかでも特に目立った存在になっています。これからの課題はその動きをどれだけ実戦練習で出せるかになってくるでしょう。あと彼のバッティングフォームはあのバリー・ボンズを彷彿させる軸を動かさないフォームでパンチ力があり、僕は大好きです。こちらの方も、課題はどれだけ実戦練習でその力を発揮できるかになってくるでしょう。頑張ってもらいたいです!!
 そんな吉田君、最近何やら1玉4円の銀球を穴に入れる遊びや、1枚20円のメダルを3枚必要とする遊びに目覚めたようで、BOXでよくエヴァがどうとか秘宝伝がどうとか訳のわからない話をしております。どうやら凄くお金のかかる遊びのようで、僕は吉田君が道を踏み外さないか少し心配な今日この頃です。

 次回の選手紹介は謎が多い2回生の中でも特に謎が多い#22森勇樹君です。
 期待してください!!

 それでは失礼します。
 今年も京大野球部をよろしくお願いします!!
第3回
 寒いですね〜ホントに寒いです。皆さん風邪など引いていませんか?ちなみに僕は先日引きました。今年の風邪はどうやら熱はあまり出ないようで、ノドの痛みがメインのようですね。僕はだるかったです。あと最近ではノロウィルスも猛威を振るっているらしく、先日もイケメン一回生キャッチャー表君がノロにやられたらしいです。彼はお好み焼きを焼く際に、豚肉は下に敷くのを誤って生地に混ぜて焼いてしまい、当然生焼けのままのその豚肉がノロの原因になったようです。皆さんは風邪など引かないように体にお気をつけください!!
それじゃあ選手紹介行きます!!
 
西尾尚己(2・洛星)
 西尾君は京大野球部に代々出身者が多い洛星高校出身なのですが、高校では野球をやっておらず、入部当初はいつもヒーヒー言いながら練習していました。当時彼が「入部してから10キロ痩せた」という発言をした時は衝撃でした。そんな西尾君も今ではキレのある動きを見せ、ベンチプレスも入部当初からは想像できないくらい重い負荷で行っていています。この調子でパワーアップしていけば、来年の春には柵越えを連発!!とまではいかないにしても、試合の大事な場面でシュアなバッティングを披露してくれでしょう!!
 さて前回の奥野君と同様にこの西尾君も私生活の方は謎でイッパイです。最近西尾君は僕が12時終了の二限が終了した後にBOXに行くといつもBOXにいます。ある時は漫画を読みふけり、ある時食事をし、ある時はパソコンで勉強しています。(大概はソリティアですが…)まるで自室のようにくつろいでいます。そんなわけで西尾君をBOXから連れ出すために、今度一緒にお昼ご飯でも食べに行こうかと思います。

 今回はちょっと長くなりましたね〜最後まで読んでくれてどうもありがとうございます。
 次回は#27吉田君です!!
 それでは失礼します!!
第2回
 みなさんお元気ですか?僕は元気です。
 12月に入り、京都は本格的に寒くなってきました。僕にとっては三度目の冬イン京都なんですけど、ほんとに冬は嫌です(多分夏には夏が嫌だといっていますが…)。
 例年ではこの時期から下宿は暖房をガンガン効かせるんですけど、今年はしません。なぜなら僕の家はガスエアコンなんですけど、去年の冬にあまりにエアコンを使いすぎて、ひと月のガス代が9000円という驚異的なスコアを叩き出してしまったからです。部費の支払いでいっぱいいっぱいの僕にはもはや節約しかありません…
 ちなみにキャンパスでは今年もNFなる学祭が催されていました。今年も一回生は前夜祭ではワッフル売りという野球とはなんの関係もない商売をし、本祭ではスピードガンコンテストというボロい商売をしていました。学祭が終わるころには、彼らの懐は京都の寒さに反して暖かくなっていました。是非とも恵まれない僕に恵んでもらいたいものです…
 さて前回書いた通り今回から下級生を紹介していくことにします!!

奥野寿哉
(2・初芝富田林)
 ちょっぴりオタクっ気が漂う奥野君は高校までは軟式野球をしていたらしいですが、現在ではすっかり硬式のボールにも慣れ、現在は外野のレギュラー争いの一角に食い込んでいます。そんな奥野君の走り方はちょっぴり独特なんですが本人はあまり自覚がないようです。あるとき監督が走り方の悪い他の選手に「奥野みたいな走り方になっとる!!」って言っていたのを聞いて軽くショックを受けていました。しかし、その守備は安定していて、来年のリーグ戦ではチームにとって大きな力になってくれるでしょう。後はバッティングかな??がんばれ奥野!!
 ちなみに肝心の私生活の方は完全に謎です。っていうか今年の2回生はみんな謎です。もしかしたら影でブイブイいわせているのかもしれませんが、僕が彼について知っているのは高校時代の甘酸っぱい恋についてのみです。悲しいです。

 次回は常に気だるい雰囲気を漂わせているけどなぜか癒し系の背番号31西尾尚己君です。ちなみにHPの写真はガンたれてます。ご期待ください!!

それでは失礼します。
第1回
 初めまして!四代目DB??です。
 今回から僕が「叫び」を書かせてもらうことになりました!先代の川添さんのようにふか〜い文章を僕が書けるとも思っていないんでまぁ僕なりにボチボチ頑張っていきます。よろしくお願いします。ちなみに僕は今三回生です。それ以上のことは正体がばれてしまうので今のところは秘密です。
 さてさて、新チームが発足して数週間が経とうとしています。秋リーグは全敗という本当に悔しい結果に終わってしまい、悔しさをかみ締めながら日々練習しています。
 去年のチームはOP戦から負け続けるうちに完全に「負け癖」がついてしまっていたように感じます。だからこそ今年のチームではOP戦から「勝つ」ことにこだわって、「勝ち癖」をつけて、来年春のリーグ戦に臨みたいです。
 僕個人としても小学校から始めた野球生活も今年でラストイヤーなので特別な思いで練習に臨んでいます。思えば自分がちっぽけな自信をもって入部したころのころが本当に懐かしいです。ただ、そんなちっぽけな自信がグチャグチャになるのは一瞬でした笑。なんとかちっぽけではない自信をつけて来年の春を迎えたいです。
 負け続けている京大ですが絶対、勝つチャンスは来ると思います。大事なのは僕らがそこでいかに、やるべきことをきっちり出来るかです。何も、一発ホームランをぶっ放したり、150キロの真っ直ぐで三振をとったりする必要はないと思います。(もちろんそれができるにこしたことはないのですが…)。これに関してこの前興味深い話を聞きました。「中国のロケットは何故日本のロケットより成功率が高いか」というお話です。え?野球と関係なさそう?まぁ聞いて下さい笑。日本のロケットはその時点での技術の最高レベルのものを集めて、最高のロケットを打ち上げようとしていて、それに対して中国のロケットは少々時代遅れの陳腐になりつつあるが正確に全てが理解しつくされている技術を集めて打ち上げているらしいです。このとき日本の最高レベルの技術は最新であるがゆえにまだまだ未知なところも多く打ち上げてはじめてわかることも多くその結果、高スペックでも失敗が多くなってしまい、中国のロケットは技術に関して全てがわかっているので、低スペックでも失敗が少なくなるらしいです。この話を教授から聞いて僕は野球もそうかなぁって思いました。やるべきこと、確実にできることをきっちりやれば、高レベルのパフォーマンスを出せなくても結果に結びついてくるんじゃないかと。まぁ僕らがプロ野球選手ならそうもいかないんでしょうけど、僕らは京大野球部です!!できることをきっちりやっていくことが何より一番大切なはずです!!
 そのための練習、「勝ち癖」「自信」です!!

 ってここまで書いてみて、川添さんも吉Gで書かれていたことですが、ゼロから文章作るのってホンマに難しいな〜って早くも痛感しました。最近色々とよく文章書くことがあるんですけど、その場合は何かしらテーマが決まっているので、わりかし書きやすいんですけどこれはホンマに難しいです笑。
 とかなんとか言い訳がましく書いてても何も始まらないんで、何か企画を立てます!!
 とりあえずここは例年の流れに乗って、今年も「叫び」では下級生の紹介をまずはバンバンやっていこうかと笑。
 う〜ん、今年は誰からやっていこうかな〜〜〜〜よしっ決めました!二回生を背番号の逆順でやっていきます!
 ってことで次回は背番号35番、一見オタクのイカ京(←いかにも京大生の略)ですが、自分のことを俊足と言い張る奥野寿哉君を紹介します!!
 乞うご期待!!
 それでは失礼します。
copyright 京都大学硬式野球部